インプレスの書籍『はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド』の全文Web公開について、書籍の紹介と「はじめに」、記事一覧(目次)をまとめました。

企業や店舗のWebサイト担当者や、集客・販促のデジタル化に取り組むマーケティング担当者のみなさんに向け、「LINE公式アカウント」「LINE広告」に代表されるLINEの法人向けサービスの正しい使い方やノウハウを幅広く知っていただけるよう、著者であるLINE株式会社の許諾のもとに無料で公開しています。

以下のリンクから各項目にジャンプできます。

書籍について

はじめてでもできる! LINEビジネス活用公式ガイド
※書影をクリックするとAmazonにジャンプします

すぐに取り入れたくなるアイデアが満載!

本書は集客・販促のデジタル化において、企業や店舗がユーザーとの関係性を強化できる「LINE公式アカウント」、LINEやそのファミリーサービスに広告を出稿できる「LINE広告」などの活用方法をまとめています。「チラシに代わる発信手段がほしい」「LINEをデリバリーに使うには?」など目的に沿って解説しているので、初心者でも効果的な施策をすぐに実施できます。豊富な活用例に加え、LINE公式書籍ならではの先進的な企業事例も掲載。

  • 著者:LINE株式会社
  • 定価:1,980円(本体1,800円+税10%)
  • 判型:A5正寸判
  • ページ数:224ページ(オールカラー)
  • ISBN:978-4-295-01304-4

はじめに

コミュニケーションアプリの「LINE」は2011年6月に誕生して以来、「世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮める」というミッションのもと、国内外、通信キャリアを問わず、ユーザー同士で音声、ビデオ通話、チャットなどが無料で楽しめるサービスを提供しています。現在、国内の月間利用者数は8,900万人に上り(2021年9月末時点)、うち約8割のユーザーに1日に1回以上、LINEをご利用いただいています。

この10年の歩みの中で、私たちLINEは企業・店舗の皆様のビジネス成長に寄与すべく、LINE公式アカウント、LINE広告をはじめとする多数の法人向けサービスを提供してきました。

総務省がまとめた「令和2年版 情報通信機器の保有状況」によると、世帯におけるモバイル端末の保有状況は96.1%となっており、うち83.4%がスマートフォンとなっています。スマートフォンの普及に伴い、オンライン情報をもとに商品・サービスの検討や購買を行うユーザー行動が一般的になりました。これを受け、集客や販促に関する施策をデジタル化する動きは、大企業のみならず中小企業や店舗にも広がっており、この傾向は2020年以降、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により加速しています。

ビジネスに影響を及ぼす外部環境がスピーディーに変化する中、本書は「自社の集客や販促にLINEを活用したい」と考えるすべての皆様に向けて、LINEの法人向けサービスの活用ノウハウをまとめています。

LINEのサービスをすでに利用している事業主様はもちろん、今後、デジタル化を進めていく事業主様にも分かりやすいよう、LINE公式アカウント、LINE広告などの活用ノウハウを目的別に整理しました。さらに、サービスに関する豊富な知識と運用経験を備えた認定講師「LINE Frontliner」、実際にLINEをご利用いただき成果を上げている企業・店舗様の事例も収録。現場でLINEを運用する方が、基本から応用まで体系立ててサービスを理解できる内容となっています。

また、LINEが新たに提供する「マーケティングでのデータ活用」を目的としたサービスに関するコラム、テクノロジーの進化とともに変わっていく広告事業についてのLINE社員インタビューも含んでいます。経営者やマネジメント層にも、ぜひ手に取っていただきたいと考えています。

本書を通じて、企業・店舗の運営に携わる皆様が、それぞれの課題解決につながるヒントを得て、ユーザーとの関係性を強化するきっかけになれば幸いです。

LINE株式会社

家族や友人・恋人など、身近な大切な人との関係性を深め、絆を強くするコミュニケーション手段として、2011年6月にコミュニケーションアプリ「LINE」のサービスを開始。「CLOSING THE DISTANCE」をコーポレートミッションに、世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めるため、さまざまなサービス・事業を展開中。

記事一覧(目次)

※未掲載の記事は2022年3~5月に順次公開します。

活用ノウハウ①
導入・認知獲得編

活用ノウハウ②
初回利用編

活用ノウハウ③
リピート促進編